少しの工夫でオフィスの節電に繋がる!PCの省電力テクニック

今後選ぶなら省エネルギー型機種を

企業ではリースしている期間や既に契約しているメーカーとの関係ですぐにPCを買い替えるということはできないかもしれません。ですが、もし今後買い替える機会があった場合は省エネルギー型の機種を購入・リースすることを検討しましょう。たとえば従来のハードディスクより消費電力の低い記憶装置SSDを搭載したモデル、省電力効果の高いLEDバックライトを採用したディスプレイなど。また、メーカーと使い方によって差がありますが、一般にノートPCはデスクトップタイプの3分の1から6分の1の電力消費で済みます。エコが叫ばれている現代、各メーカーともに省エネタイプのハードウェア開発に力を入れているので、よくリサーチしてから機種を選定しましょう。

ちょっとした一手間の設定で節約

PCには省電力(省エネルギー)設定があります。一定時間操作をしないとハードディスクの回転が止まる、ディスプレイがスリープモードになる等して消費する電力を抑えてくれます。1台のPCでは微々たるものかもしれませんが職場にある何十台がこの省電力モードを使えば大きな節電になりますので積極的に利用しましょう。省電力設定のないPCでもディスプレイの明るさを下げるだけでも節電になります。また業務上可能であれば印刷をする時間帯などを決めておき、印刷に使う専用のPCをサーバーとして設置し、使用する時だけそのサーバーとプリンターの電源を入れるようにすると大きな節電になります。印刷だけではなくバックアップ装置等を操作するPCも同様に設定すればさらに節電ができます。